2007年02月26日

晩成血統

angelmoney2.PNG

エンジェルマネーがついに衰えました。

ペンタイアから繋がるエセじゃないノーザンダンサー系で遺伝D種牡馬タイヤキオーの産駒です。

主な戦績は阪神大賞典優勝と万葉Sの連覇で阪神大賞典では

菊花賞馬にして後の春の天皇賞馬クラシカルボックスに勝った思い出深いレースです。

しかしもっとも誇れるのは万葉Sに5歳から8歳まで4シーズン連続出走したことです。

8歳での出走は記念出走ではなく勝機を見出しての出走でしたが、前年度の菊花賞2着馬にクビ差及びませんでした。

過去3回のタイムより良い時計で走破したので満足な結果です。

3000mではGI馬に引けをとらないパフォーマスンを見せてくれましたが

残念ながらエンジェルマネーの距離適性は2800〜3000mでした。

もし3200mや2500mを走れたとすれば、同GI3連覇や4連覇は不可能ではないということがわかりました。

メジロマックィーン子孫で春の天皇賞3連覇を目指すとか考えただけでしびれますね。

厩舎の回転がはやく効率が良い早熟馬も良いですが晩成血統も楽しいものです。

晩成マンセーです!



・・・
posted by ISSEY at 23:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

あけおめ

あけおめです(゚ー゚*)

16シーズンは4シーズンぶりにGI制覇ができて重賞は10勝と充実したシーズンでした。

馬主会成績も万年11位の定位置から9位に上がり、ふぁん氏が初GI制覇するなど馬主会としても良いシーズンでした。

今シーズンも馬主会独自血統を伸ばしつつ、結果を残すのが目標です。

よろしく〜


開幕と同時に
posted by ISSEY at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

えあぐるーゔ

今回のカー伝での目玉商品の強化エアグルーヴモデルが市場に出ていたとのこと。

買った人はおめでとうなのかもしれないけど、それにしてもGクレはお粗末すぎる。

KPでコイン買って回してぜんぜん当たりでなかった人もいるわけで・・・。

年齢で正規に入手したかそうでないかがわかりますが、それがどうしたということになります。

とりあえず3歳以外はエセグルーヴです。

まわりのブログなど見ているとかなりの数の強化エアグルーヴいるようです。

売り手も多く、フレミが出た直後の300億や400億という値段はつかないと思います。

カワカミプリンセスに続きエアグルーヴと鬼パラ繁殖がカー伝の目玉商品になる流れは変わらないでしょうし

今後もどんどん強化繁殖が出ると思われます。

エアグルーヴはニックスがひとつしかないゼダーン系なのが使い勝手が悪いところですし

来シーズンになれば100億くらいで買えるかもしれません。

焦って入札することもないでしょう。

ウチは参戦見送ります。

そのかわり市場に張り付いて0円の狙います(笑)
posted by ISSEY at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ひさびさGI制覇

プリンセスブルグ 菊花賞 1着

フルゲートの7枠14番の先行馬で微妙な枠順で7番人気とあまり人気はありませんでしたが

春天をレコードで走れる馬なんで、不利なく普通に走ればまず勝ち負けと思っていました。

最後はきわどい勝負になりましたが、騎手のアドバンテージが大きかったかもしれません。

次走はJCではなく距離が少しでも長い有馬記念へ。

そろそろ衰えそうなんですけどね。

レジェンドメーカー産駒はこれでクラシック4勝目。

エンジェルティアラの有馬記念以来4シーズンぶりのGI制覇もまたレジェンドメーカー産駒でした。

16歳となりすでに引退していますが本当に馬主孝行です。

後継馬が超早熟短中化けしてしまったレジェンドキッスなんで、これがちょっとさびしいところです。

レジェンドメーカー系よりラヴオブザゲームの後継馬を作らないといけないので来シーズンは大量生産の予定です。

プリンセスブルグにもラヴゲかな(゚ー゚*)

それと・・・
posted by ISSEY at 23:50| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ばーじょんあっぷ

相変わらず重いのですがクライアントソフトバージョンアップしました。

アップデートにある程度のバグはつきものですが、トレードが出来ないとかレベルアップしてないとか

根本に関わるところに問題があるのは本当にどうしようもないです。

指摘しても改善はないんで次へ。

いろいろ変更点がありましたけど一番驚いたのエセレベル16が大量発生したこと。

GI1勝でもレベル16になれるんで、これからは出走しまくるほうが良さそうです。

グレードの高いレースのほうがより経験値稼げそうですし、出せる馬全部出してやろうかと迷います(笑)

馬主間格差を緩和したつもりがレベル16が一気に増えて

GI勝ってる馬主と勝ってない馬主との差が実は広がっていたというオチがあったりなかったり・・・。

まあGIのレベルや鯖のレベルが上がるのは良いことなのかもしれません。

それに伴いGIに出てくる馬の能力がほぼ横一線で、まぎれ次第で結果が変わるとか

絶対的な強者はいなくなるのかもしれませんけど。

ネットゲームでの過疎化は致命的なので、新規層、底辺層のレベルアップ条件の緩和されたのは良いことでしょう。

しかし増えすぎて除外ラッシュとか、また鯖重くなったりとか一抹の不安はあります。

次のアップデートは問題なく行けば良いですがまた延期の可能性が大きいですね。
posted by ISSEY at 22:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

私信 ペリエさんへ

ああいうやり取りがあったわけで、行き違いがあったにせよすぐに関係修復ができるとも思いませんが

賛同出来る出来ないにかかわらず率直な意見を頂くことは嬉しいものです。

ウチに関わらないと言いつつどんな内容にも難癖付けて噛み付いてくる粘着な人とかいますからね(笑)

あの一件以来、本レースでの決戦ムードが高まり良くも悪くも周りは期待していたようですが

実際には主戦場が違うのであまり直接レースであうことがないですね。

ペリエさんはダート路線では1、2を争う存在だと思いますが、ウチはダート重賞ですら満足な結果を残しておらず

ダート厩舎、ダート騎手を育てているのが現状です。

クラシック路線では勝てはしないものの、それなりに結果を残していますがやはりこの路線は強い相手が多いです。

種牡馬や繁殖牝馬の改良もさることながら、仕様の関係で本レースでは騎手ウエイトが大きく

お互い今までと違った路線騎手を育てている途中段階でしょう。

いずれクラシック路線、ダート路線問わず全路線で対戦し、お互い切磋琢磨していければと思います。

ここからは個人的な意見です。
posted by ISSEY at 03:27| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

馬主会についてA

自分なりに色々考えました。

かなり長くなったので、細かい説明とか省きました。

こういうこと考えてる人がいるんだなって程度で気軽にお読みください。

間違っても曲解してウチに宣戦布告とかしないようにお願いします(笑)


長文です。オチとかありません(ネタバレ)
posted by ISSEY at 13:48| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

競伝Live!2年記念隊

10年記念隊のガキさんも少しプニってきて可愛いわけですが・・・。

もとい、2周年記念カードの一番所持枚数が多かった鯖全員に豪華プレゼントがあるらしいです。

個人で集めてもなんにも特典なさそうなんで、周りの人に頑張ってもらおうと企んでいたんですが

目立たない存在とはいえウチも一応ロン鯖に籍を置いてる身なので、微力ながら貢献しようと思いました。

ということで早速カー伝を回してみました。

で、結果は・・・
posted by ISSEY at 15:03| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

馬主会について@

馬主会上限枠撤廃騒動やリーダーの行方不明で馬主会解散再結成などを乗り越えて現在のDRCがあると思うんですが

今回はDRCのリーダーが馬主会を追い出される(?)という前代未聞の出来事がありました。

当事者ではないのでどういった経緯であったかはしりませんが、馬主会内での意思疎通ができていなかったようです。

今回の件を外側から見ていると、リーダーがぬるま湯体質の馬主会を変えようとしたが会員の反対にあい頓挫。

そしてリーダーが馬主会脱退という流れらしいです。

リーダーの馬主会を盛り上げようとする気持ちはよく理解できますが、もう少し違ったアプローチが出来たと思います。

もともと複垢可の馬主会で複垢禁止にしたら混乱するのは当たり前。

現在のロンシャンの数ある馬主会は交流目的と種牡馬目的がほとんどで馬主会の成績を上げようという考えは希薄だし

馬主会の方針を転換するというのはとても難しいことだと思います。

リーダーの考えを集まった馬主に押し付けるのではなく、リーダーが方針を示しそれに賛同した馬主が馬主会に集まるのが理想でしょう。

一応の解決は見られたようですし、良い方向へと行くことを願っています。

他所の馬主会のことなので新しい火種を作っても問題ですのでここまでとします。

ウチの馬主会の話も。
posted by ISSEY at 21:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。