2008年07月28日

牝系No11

ブレイヴピリリンが阪神C制覇♪

記念して連休中に更新した牝系図の一部をUPします。

牝系No11

本当はGI馬がでたら徐々に公開しようかと思ったんですが、それだとずっと公開できる日が来ないかもしれないので(笑)

まあ興味がない人は見ても全く面白くもないし、公開しないで一人で見てニヤニヤするようなものだけど。

有馬記念制覇してNo3も公開したい!(笑)
posted by ISSEY at 01:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

初GI制覇!

タイトル通り初GI制覇です!

実はいろいろなGI取ってますがダートGI初制覇となります。

もとからダート路線はあまり興味なかったのですが

今回はジャパンカップダート一本に絞って全てがうまくいきました。

レジェンドナイトは小回り×の苦手があるので、春の皐月賞や宝塚記念はあまり期待していませんでしたし

秋GIの秋天かジャパンカップを大目標と考えていました。

しかし今シーズンのダービーと凱旋門賞の結果を見て、とてもハイレベルな争いしているので

距離がギリギリなこの馬じゃとても太刀打ちできないので、ジャパンカップは選択肢から外しました。

秋天一本にしようかと思いましたが、秋ダート路線はGIが多数あり

有力馬が分散し、若干レベルが落ちるので、思い切ってダートGIに挑戦し最高の結果となりました。

次走は苦手があるけど川崎記念を予定。

その前に衰えそうだけど(笑)
posted by ISSEY at 00:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

あっちも更新

チャット機能が変更されました。

フレンド登録もやり直しで、交流のある方を中心に再度登録させていただきました。

最近、新たに交流する人が増えました。

ずっとチャットに参加していなかったので、新鮮味があり楽しいです。

久々に1対1で話す人もいて、いろいろな話を聞きました。

仕様変更でモチベーション下がってる人が多いことなど、暗い話題が多いのが気になります。

それと、いろいろな人から話を聞いてロンシャンにレベル25がウチしかいない理由も少し分かりました。

技術的問題というか、考え方の違いというか、器の違いというか、何というか・・・。

これじゃダメだと思いましたね。

本気で2回目のグランドスラム狙っちゃおうかな(笑)
posted by ISSEY at 19:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

勝利宣言

今回も敗北宣言が出たので、勝利宣言させて頂きます(笑)

勝った負けたは周りが判断することなので、勝利宣言に意味がないかもしれませんが

リンクが削除されたり、ブログで批判されたりと目に見える結果も出ていますし

この一連のやり取りを見た人にはよく分かって頂けたかと思います。

心優しい周りの方が、これ以上馬鹿を晒してしまうのは可哀想だと思い、助言したのも良い判断だったと思います。

手遅れの感も否めませんが(笑)


毎回同じ流れなのをご存じの方も多いと思いますが、今一度説明しましょう。
posted by ISSEY at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

ダービー結果

レジェンドナイト  4番人気  4着
ノーザンァャャ  12番人気  6着
ノーザンハザード 15番人気 12着
レジェンドゲーム 13番人気 15着
レジェンドイエス 16番人気 16着

ほぼ人気通りの結果でした。

大紛れに期待していましたが、なかなか都合よく起きませんね(笑)

レジェンドナイトの4着が最高。

ノーザンァャャは12番人気の低評価を覆して6着と頑張りました。

レジェンドゲームは良馬場だったら一桁順位くらいあったかもしれません。

勝ったのはアルマヴィーヴァ。

今一番勢いのあるスーパーロング氏のダービー連覇となりました。おめでとうございます。

3連覇は阻止すべく、来シーズンも1頭でも多くの馬たちをダービーに出走させたいと思います。


親愛なるエロおやじ氏へ
posted by ISSEY at 11:07| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

ダービー

日頃の行いもよく、登録馬全て不利枠にならず、良枠におさまりました。

最低でも人気くらいどれも走ってくれると思いますが

どの馬も可能性は0ではないので大紛れの一発に期待しています。


メールの件ですが


あなたと名指しで書いているわけでもないしあなたのことだと書いたわけでもない。

ですのであなたの質問には残念ながら答えかねます。

との返事がきました。

どうやらウチの勘違いで人違いのようでした。

どうもお騒がせしました。

ウチの事を言われているのであれば、何頭か回避するべきなのかと悩みましたが

違うと言われたので気持ちよく5頭出走することにしました。

これからもウチのプレイスタイルを貫いていこうと思います。



まあでもね4〜6頭と書くあたりがなんとも。

CBC賞でペース操作(ラビット)したときは3頭だったからセーフなんですか?(笑)

後日1対1で話を聞きましたが

ペース操作して、不利なった人は置いておいて

自分を含め有利になる人は喜んでいるので、感謝されていると言いきっただけでのことはあります。

それに結果から見て、ペース操作しなくても勝っていたので

してもしなくても結果は変わらないので全く問題ないと付け加えていました。

だったら最初からラビットなんかしなければ良いと思うんですけど。

こういう考えの持ち主ですから、年度代表馬の選考を中止するとかしないとか言い出しちゃうわけですよ。

思惑が外れ思いのほか反論意見が多く困っているようですが、なんだかんだで有耶無耶になるんじゃないでしょうかね。

もし再開するにしてもきっと26シーズンからだと思います。

そんなにダービーで負けたことが悔しくてディープ蹄鉄を問題にして中止したいんですかね?

25シーズンの年度代表馬は準三冠、ジャパンカップと有馬記念を勝ち

誰もが認める結果を残しているアンティグラヴィー以外考えられないと思うんですけど。

それとアンティグラヴィーに菊花賞で勝ったレジェンドスパークが最優秀ステイヤーに決まりでしょう!

ペース操作問題のときもなんの謝罪もなく、今回も風化させる作戦みたいですがうまくいきますかね?

こんな考え方している人の 未来に幸あれ


ダービーの複数登録について。
posted by ISSEY at 12:42| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

ダービー前夜

ダービーに5頭登録しているのが迷惑だと指摘されました。

真意を詳しく聞くためにメールを送りました。

1対1チャットでは返事がないので、もしかしたら無視リストに入れられてるのかもしれません(笑)

無視リストに入れられてると、メールも届かないらしい(?)ので2、3日中に返事がなければ

ウチが送ったメールの内容をブログで公開し、公開質問状の形を取ろうかなと考えています。

明日は色々と楽しみです。
posted by ISSEY at 21:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

信用が皆無マン

まず、カサックさんが復帰されて何よりでした。

自家生産の取り組みなどプレイスタイルのベクトルが同じなので陰ながら応援していました。

休養は自分のブログも一因だと思いますが、カサックさん自身が決めたことだったので

敢えてレスもつけず静観していました。

個人的には秋華、秋天、エリ女と3連勝を狙った欲しいななどと思っていましたし

仮にディープ蹄鉄がなかったとしても秋GI3連勝を期待できる馬だったと思っています。

しかし、その休養の裏にとんでもないドス黒いものが隠れていようとは思いもよりませんでしたね。

異名で暴言を吐きながら、馬主名で擁護する書き込みとかかなり悪どいやり方です。

しかも違うブログのコメントでは名無しは情けない!とかシレっと書いてる所には呆れるばかりです。

今になって色々言い訳していますが、休養した時なりに全てを認め謝罪していれば、まだ弁解の余地もあったでしょうが

当事者から指摘されるまで、偽って良い人を演じていたわけですからね。

もし早急に復帰されると不都合もあったのでしょう。

JDDの結果とダービーGPの結果を見るとよくわかります。

もうちょっと真っ当な人かと思っていましたが、やはり類は友を呼んでしまうようですね(笑)

どんなことでもそうですが、一度失った信用というものはなかなか元に戻りません。

商売にしても、政治にしても、小さな交友関係にしてもです。

ウチのブログにも数多くの異名や匿名での書き込みがありますが、これのどれかも同じ人なのかもしれませんね。

直接ブログに書き込むくらいだから、きっと2ちゃんねるにも投稿もしているでしょうね。

必死に擁護コメント出しているのは本人かもしれません。

いくら否定してもそう思われても仕方がないですね。

これから先はずっと白い目で見られると思いますが頑張ってください!

(↑フォロー入れておかないと匿名や異名で荒らされるかもしれないので)

それにしても・・・
posted by ISSEY at 18:45| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

3冠阻止

1か月ぶりの更新。

その間、色々ありました。

原油が大暴騰で139ドル。穀物も暴騰して大儲けΨ(≧∇≦)Ψ ぶぁっはっはっ!!!

レジェンドスパークが菊花賞制覇。

勝因は脚質間違いに気がついたことです(笑)

3冠間違いなしと言われていたアンティグラヴィーは長距離が最も得意と聞いていたのですが

思ったほど速くなくウチの馬が3冠を阻止してしまいました。

3冠期待していた人には申し訳ないです。

ウチも3冠見てみたかったんですけど(笑)

大幅アップデートで仕様が変わったようなので、今後は案外簡単にでるかもしれませんね。

そのアップデートですが少しはゲーム性が増した感じ。

過疎化に拍車が掛らないことを祈るばかりです。

あとちょっと書いとこうと思ったことがあって
posted by ISSEY at 21:16| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

ディープ蹄鉄とボク

「あんな性格の人」でお馴染みのISSEYです。
お久しぶりでございます。
過去最高(?)の長文で綴ってみましたのでお暇な方どうぞ宜しくお願いします。


凄く話題になっている、ディープ蹄鉄。
アンティグラヴィーが皐月賞を勝ったころから3冠、3冠で騒いでいる人たちがいて
まだ1つしか勝ってないのに何を大騒ぎしているかと思っていましたが、ダービーを不利枠でレコード勝ちを見て納得しました。

その後のクイーンオブハーツの宝塚記念でのレコードを見て
ディープ蹄鉄が今までのバランスを崩すものだというのがよくわかりました。
これを見れば分かっていたこととはいえGの運営能力、バランス感覚の無さに呆れるばかりで
モチベーションが落ちている人も多数でしょう。

強化馬具のときも同じようなことが起こりました。
あの時もタイムがUPする仕様にかなりの反発が起こりメールが殺到し、馬具に上限をつけて騒動はおさまりました。
しばらくするとカー伝のアイテムに登場しなくなり、最近は初心者セットでKPで購入できるようになっています。
その後、少しは教訓を学んだのか、蹄鉄が登場しましたが弱点を克服するというものでした。
しかしディープ蹄鉄だけは弱点を克服し制限があるわけではなく、一律でタイムが大幅によくなるというシロモノで
強化馬具や他蹄鉄とは明らかに違うモノです。

効果があまりにも絶大すぎるのと、基本的に運でしか手に入らないというところに批判が出ているのだと思います。
こういう言い方もどうかと思いますが、芝蹄鉄やダート蹄鉄、強化馬具などはお金さえ出せば買えるものです。
なので、効果に不満はないが欲しいのに買えないので批判している人もいるでしょう。

ディープ蹄鉄を使った側から「仕様内のことなのでなにも問題がない」と言われてしまえば
確かに間違っていないと思います。
使った人を批判するのは間違いで、文句があるなら運営にメールすれば済むことです。

プレイスタイルや考え方は十人十色なので統一は不可能です。
それぞれが評価すれば良いと思います。
それが最強馬なのであれ、ドーピング馬であれです。

ウチのスタンスとしてはディープ蹄鉄はどうなんでしょうか?
アイテム一つでバランスが崩れるようなものつけて、仮に無敗で3冠しようが、天皇賞春秋連覇しようが
レコード更新し勝ちまくろうが、ディープ蹄鉄つけたから勝った馬としか評価ができません。

逆にウチのプレイスタイルを意味のないものと思っている人も多いかもしれませんね。
完全自家生産、3冠など王道路線を優先、GI馬のみを後継馬として繋ぐなどなど。
ウチのプレイスタイルを理解できない人からみれば、なんて非効率なことに固執しているのかと思うことでしょう。
マゾ野郎なのかと(笑)
ええ、アッチの方も完全にMです。

ウチの競馬伝説の楽しみ方は、仕様を追求し、その仕様上不可能なモノへの挑戦です。
距離幅、不利枠、ペース、マイナー血統の配合などが仕様上克服するのが難しいものでした。
ペースはすぐに調整が入り大きな不利有利がなくなり、最近は馬主会特典で不利枠も克服できる仕様になりつつあります。

エンジェルティアラで3冠を挑戦したときは、現相馬眼や蹄鉄、馬主会特典など無い仕様で
今よりもずっと可能性が少ないときでしたが、それでも挑戦することに意味がありました。
2歳時に適性距離外の阪神JFに挑戦し負け、菊花賞前にスプリンターズSへ挑戦し5着になるなど
他人には理解できないローテーションだと思いますが、仕様に挑戦していたわけです。
能力が距離幅や仕様の限界を超越するとか凄くカッコイイでしょ。
この仕様上の枠を超える強い馬がつくりたいという思いで、研究したり努力したり交流したりするのが楽しいのです。
3冠どれも掲示板に載るか載らないかの馬にディープ蹄鉄つけてその効果に頼り3冠勝っても意味もないし楽しくもありません。

ラヴマシーンを出したあと、数シーズン低迷したときがありました。
周りは実績馬と同じようなシステムの配合や、人気の種牡馬に一極集中する時代でした。
大きなレースに勝てない日々が続きましたが、ヨソ様はヨソ様で、ウチはウチの楽しみ方を追求していきました。
低迷が続いたときに勝てないから人の真似して、目先の勝ちだけに拘っていたらきっと今の成績は残せていなかったでしょう。
たぶん勝ち過ぎて飽きてしまってとっくに引退していたかもしれません(笑)

今現在、競伝にかける時間は凄く少なくなっていますが、これまで通り、ウチのプレイスタイルを貫いていこうと思います。
最強馬を生産するコツが、「蹄鉄オミクジをして運よくディープ蹄鉄を引く」なんてことになって
それを堂々と努力だなんて言える仕様に拍車がかからないことを祈るばかりです。

でも・・・
posted by ISSEY at 13:33| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

右肩下がり

3週間ぶりの更新。

最近は調教がめんどくさく感じています。

モチベーションは右肩下がりです。

原因は、馬主対抗戦のために2歳馬を多く生産しすぎたこと。

もうポイントレースにはほとんど出していないので、いらない2歳馬は捨てたいくらいなんですが

どれが強いのか弱いのかわからないので、仕上がるまで一応続けています。

来シーズンは厩舎を大幅に縮小しようと考えています。

レベル16の厩舎を捨てるのはもったいないので、厩舎というよりは生産縮小といったほうが正しいかもしれません(笑)

今シーズンはシステム種牡馬産駒でダービーも勝ったし、現状にはかなり満足していますが、そこから先が見えてきません。

昔だったら「ISSEY必死だなw」って書かれるくらい頑張れたんですけどね(笑)

競伝に飽きたわけではないのですが、他により面白いものを見つけてしまったからでしょうか。

以前も書きましたが、仕事というか趣味というかマネーゲームが楽しくて、そちらにたくさん時間を使っています。

書かないと決めていたブログも始めちゃいました(≧∇≦) ぶぁっはっはっ!!!

自己満足の面白くないモノですけどね(笑)
posted by ISSEY at 01:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

エンジェルアヌビス

エンジェルアヌビスが4連勝でダービー制覇!

当初はオークス→宝塚のローテ予定でしたが、対抗戦のポイントレースになったことや

レジェンドグッドが引退したことでローテを変更となりましたが、良い結果に結びつきました。

2歳時から3歳中長路線は、マジカルグルングル、セブンクラウン、レジェンドグッドの

3強だと思っていましたが、1月1週にレジェンドグッドが衰えで脱落しました。

ダービーではエンジェルアヌビスが勝ちましたが、2、3着馬には衰えや、距離不足が伺えますし

もし3強が万全の状態で、有馬記念を戦ったらどうなったのかすごく興味あります。

3頭ともレコード出せる馬だと思うのでレコード決着は必至でしょうね(笑)

話がそれました・・・本日の主役エンジェルアヌビスについて書きたいと思います。

アヌビスの血統は父がエルコンドルパサーです。

しかもレアでもなんでもないNo0004のやつです。

ミスプロ系といえば、ロンシャンではセイントセイジン系が最も成功した種牡馬といっても異論はないでしょう。

ここ数シーズン、リディーングサイアーの上位をほぼ独占していますし

全体公開種牡馬を見渡しても、パラMAXに近い種牡馬が綺羅星の如く並んでいます。

しかし、自分には競走成績や繁殖成績がいくらは優秀でも

所詮セイントセイジンの優秀さを際立たせるだけのモノにしか映りません。

誰がつけても走る種牡馬は面白くないのです。

そう思うと同じミスプロ系でセイントセイジン系の快進撃に一矢報いなければ気が済みません。

ウチのミスプロ系にはラヴマ系がありますが、それではインパクトが足りない。

そこで、あえてカード種牡馬のエルコンドルパサーを生産しました。

そして見事にエルコン産駒でダービーを勝ち、有言実行を成し遂げました。

さすが、スーパースターだなと思います(笑)
posted by ISSEY at 00:46| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

マネーゲーム

またちょっと空きました。

2歳馬がいっぱい入厩して調教がだるいです(笑)

実質1人で参加している馬主対抗戦は、3位を狙えそうな位置につけてますが、そろそろ限界です。

協力があればもうちょっと善戦できそうですが、馬主会の某氏は違うゲームにハマっていて

頼んでいたレース登録をすっかり忘れてくれるし、ポイントレースって何?という状態です。

他のゲームにハマると競伝がおざなりになるのはよくあることですし、仕方がないこと。

そういう自分も違うゲームにハマっています(笑)

マネーゲームというゲームですが。

毎日しこしこ商いしています。

1月〜2月末の2ヶ月間で投下資金の300%を回収しました。

トレーダーとしての自分の才能が恐ろしい。

なんだかんだで自分はデイトレードのほうがあってるのかも。

トレードブログとか始めちゃう?

あんまり調子に乗ってると曲がるから、それは絶対やったらダメなんだけど(笑)
posted by ISSEY at 00:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

レジェンドグッド

予想通り1番の期待馬レジェンドグッドが衰えました。

引退レースとなった若駒Sは平凡なタイムで4着。

成長系も距離幅も、持って生まれた能力と考えると、GIには足りなかったということでしょう。

ちなみに持ちタイムはこんな感じでした。

芝2000 1.55.8 
芝2400 2.21.6
芝2500 2.29.5
芝3000 3.01.8

先シーズンのジャパンカップと有馬記念の勝ちタイムは上回っていました。

というか2500はレコードです(笑)

皐月は勝ち負けは厳しそうですが、ダービーと菊の2冠のチャンスは十分あったでしょう。

今シーズンのダービーや菊は、この馬のタイムを上回って欲しいですね。

某氏が7冠取ると豪語している馬に期待しています(笑)
posted by ISSEY at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

除外ラッシュ

対抗戦が始まりました。

いきなり3頭の除外。

出れば勝ち負けというか、勝っていたでしょうが、レースに出られないんじゃどうしようもありません。

ルール変更で、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる的な、馬主も馬も質より量の馬主会には太刀打ちできません(笑)

新馬戦、未勝利戦、下級条件戦などは抽選なので大量登録されたら、今後も除外が続きそうです。

重賞とかGIであれば、賞金順ですから賞金不足での除外は納得ができますけど。

OP以上は複数登録ありとか、そこらへんに妥協点を見出して欲しかった。

大量登録には大量登録で対抗するしかないとしたら、ポイントレースに一人で5頭くらい出してみるかな(笑)

ダービー10頭出しとかしたらポイントを減点されたりして(≧∇≦) ぶぁっはっはっ!!!
posted by ISSEY at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

あけおめ(゚ー゚*)

あけおめことよろん(゚ー゚*)

久々の連日更新です(笑)

馬主会対抗戦のポイントレースに出走予定の馬を、どう勘違いしたのか本日出走してしまいました。

しかも勝ったらポイントレースに出れない未勝利戦。

やる気もでないみたいだし対抗戦は諦めるか(≧∇≦) ぶぁっはっはっ!!!



レース結果見たら、アタマ差でぎりぎり負けました。

負けて良かったと思うのは初めてかも(笑)

こんな状態だったので、次のポイントレースはちゃんと仕上げないと。

legendbarusu.PNG
posted by ISSEY at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

馬主会対抗戦

再び、馬主会対抗戦が行われます。

参加するつもりでメンバーに相談したところ、興味なしの反応。

新系統よりも遺伝SSの馬主会種牡馬をもっと増やさないといけないと、すごく的確な返事が返ってきました(笑)

ウチの場合は流行りの優秀な血統持ってきて、「ハイできました!」というわけにはいきませんからね。

個人的にはラヴマ系統から新系統を作りたいので、参加予定なのですが

すでに新系統のクリスマスラヴ系を、さらに確立させてニックスを増やすのも面白そうです。

しかし・・・前回と同じルールなので一人で頑張れば大丈夫かなと楽観していたんですが

ルール変更で一転、厳しい戦いになりそうです。

質より量のルールでは物量作戦可能な大手馬主会には

ロンシャン最強馬主の力をもってしても、さすがにかないません(笑)

ISSEY対策の話も出ていた某馬主会には、間違っても勝てないのでイジメないでください><

それなりに頑張るつもりですが、ザラバになってから仕事が充実して、毎日会社に行くのが楽しみで楽しみで・・・

実は競伝どころではなかったりします(笑)
posted by ISSEY at 20:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

3冠は可能か?

ちょっと前に今の仕様では3冠は不可能だと書きました。

ロンシャンで最も3冠に近づいた馬を創りあげた馬主としては、いつか夢の3冠馬を創りたいと思っています。

今でもほとんど不可能だと思う気持に変わりはないんですが

可能性は自分が思っていたより少しだけ高いのかもしれません。

19シーズンのダービー馬ラヴニャンコアップの持ちタイムは以下の通りでした。

芝2000 1.55.9 
芝2400 2.21.9
芝3000 3.01.9

衰えなければ菊花賞も勝ち、2冠の可能性も高かったでしょう。

実は現2歳馬にこの3つのタイムを上回る馬がいます。

順調にいけば、いままでで1番期待できる存在になりそうなんですが

この時期にタイムを出しているということは・・・。

能力も重要ですが、成長系も同じくらい重要ですね。
posted by ISSEY at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ラヴラストメモリー

ラヴラストメモリーが札幌2歳Sを勝利。

1番人気に応え3連勝です。

久々の重賞勝利で嬉しいこともありますが、なにより嬉しいのがラヴオブザゲーム最後の産駒で重賞を勝てたことです。

まともな繁殖がそろわない12月5週に、わずかだけ生産した産駒から活躍馬がでるとは夢にも思いませんでした。

ほとんど諦めていた3代連続GI制覇に期待せずにはいられません。

大目標は祖父ラヴマが勝ち、父ラヴゲが2着に負けた皐月賞になります。

他にもラヴマもラヴゲも2着に負けた朝日杯、両馬が制しているNHKマイルCと夢が広がります。

距離適性が広く、スペシャリスト全盛の時代に取り残されていく血統ですが

少しの間、奇跡のGI制覇の夢を見て良いですよね?

遺伝A種牡馬の最後の意地を見届けたいと思います。

lovelastmemory001.PNG
posted by ISSEY at 00:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

また炎上したらどうしよう(笑)

忙しくてブログ更新できなかったんで、ちょっと遅いですがペース操作(ラビット)問題について。

誰も触れてないので、ロンシャンのご意見番の私が触れましょう(笑)

ペース操作はLiveが始まった時から、いろいろ議論されてきています。

もっというとUやVの時代から議論されており、「ラビットは悪」という答えが導きだされゲームが成り立っていました。

VからLiveに移行し多くの新しいユーザーが入り、色々な考えの人が増えました。

そして仕様も大きく変わりました。

その仕様がラビットが絶大な効果を発揮する欠陥だらけの酷い仕様でした。

例えば5頭立てで逃げ2頭、追込3頭でレースをするとしましょう。

平均からやや遅いペースになりそうなもんですが、「ハイペース」になります。

しかもペースから受けるタイム補正の幅が大きく、ハイペースの場合、逃げは0.5秒遅くなり、追込は0.5秒速くなります。

最大1秒幅がひっくり返ってしまうのです。

それに加え、まぎれなどまったく無い仕様で、同じメンバーで100回レースしても100回とも同じタイムで同じ着順になります。

得意脚質を変えて対処しようにも、そのような仕様は当時はまだありませんでした。

この仕様に付け込んでペース操作する人が現れました。

2シーズンのスプリンターズSでペース操作が行われ、そのことについて私が触れてブログが炎上しました。

鯖全体を巻き込んでゲーム内掲示板で賛成意見、反対意見いろいろな意見が出され

この流れは他鯖まで飛び火し大きな話題となりました。

そして、ついにペース操作対策の仕様変更が行われました。

完全とは言えませんが、仕様変更はそれなりの効果もありペース操作問題は下火になりました。

昔のことですから、この事件や経緯を知らない人も多いと思いますが、競伝にはこういった歴史があります。



で、今回のCBC賞のことです。

見てるだけで残念なレースでした。

知らない仲でもないので、当事者に直接聞いてみました。

話を聞くと、言い分もわからないのではないですが・・・。

「平均ペースでガチンコ勝負したい」

考え方は理解できますが、方法が間違っていたと思います。

反省していると思うので、今後はこういうことはないと願います。

誰もが認める実績もあるし、ブログで強気なコメント載せていることも多いし、強いGI馬出走させたんだから

不利ペースだろうがまとめて全部倒す!くらいの気持ちでいて欲しかったな(笑)
posted by ISSEY at 01:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競伝ぃヴぇ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。